答えはサイゼリヤだった

先日の記事「訪日外国人≠外国人観光客」の続きです。

疑問であった「東南アジア系外国人観光客は飲食店にいない問題」を追っていました。

お台場をぐるぐると回っていましたら、

いました。

 

彼らはサイゼリヤに。

 

お台場のファミレスといえばサイゼリヤとジョナサンです。この二つは道を挟んで向かい合わせにあるのですが、全然客層が違います。

ジョナサンは店員さんも日本人で、お客さんも日本人(子供連れの奥様)がいるイメージです。

一方、サイゼリヤは店員さんも外国人で、お客さんも外国人が目立ちます。単価もサイゼリヤの方がかなり安いですよね。

フードコートでもなく、マクドナルドでもなく、サイゼリヤ。

お台場の普通の飲食店では、ドリンクと食べ物2名で5000円弱かかりますが、サイゼリヤであれば同じ量頼んで1500円くらいです。

サイゼリヤは海外展開も成功しているとのことですので、なんだかいろいろと納得しました。強いですね。

観光客向け飲食店も2極化です。

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら