永住権と高度専門職2号と住宅ローン

お客様のビザの変更や更新をお手伝いしますと、その後ずっとご依頼していただけることが多く、すると、「永住権を取りたい」というところまでお手伝いすることになります。

住宅ローンの為に永住権が欲しい

永住権(永住許可)が欲しい理由は様々ですが、中でも「急ぎで永住が欲しい!」と言われる方の場合、住宅ローンを組みたいという理由が多い。

銀行から永住権を求められることが多く、

銀行さんではローンを組む=最低限永住権

という内部規定になっているようです。

しかし、永住権のない方でも資力のある方はいますし、今は高度専門職2号というものもあります。そういった方は永住権がなくてもローンを組みたいという希望があります。

良い機会なので担当者に聞いてみました。

 

高度専門職2号ではダメですか?

こちらの質問について、伺った銀行さんでは高度専門職2号の事例がないとのことで。

なので、リスクのあることは出来ないのでローンは組めないとの回答。

まあ、新しい制度ですし、期限が無期限だから永住と変わらないので即大丈夫とはならないのは当たり前ですね。

百歩譲って「頭金で購入金額の半額を入れていただければ残りはローン可能」という結果に。

やはり新しい制度に対応していただくには銀行内でもそれなりの実績が必要なのですね。

従って、現時点では住宅ローンを組みたい方は永住権を持っていたほうが良いという結論です。

 

事業融資は受けられる?

では、外国人実業家が事業融資を受けるのはどうでしょう。

こちらのお手伝いはかなり行ってきましたが、こちらは結構大丈夫。

メガバンクでは日本人同様難しいですが、信用金庫さん等は融資してくれます。

経営管理ビザ1年しか持っていなくても。

最初はびっくりしましたが・・・

あとは最近外国人経営者に営業してくる資金融資コンサルタントさんも。

しかしこれは関わってはいけない人もいます。

怖い世の中だ。

ともかく住宅ローンと事業融資。審査は全然違いますね。

 

永住か帰化か

住宅ローンの検討した結果、帰化申請を希望される方もいます。

日本人になればビザの問題はないわけですので、そこはクリアされますが、国籍の変更は感情の問題もありますので、全員が全員選択するわけではないですね・・・

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

永住権の在留資格を得れば、日本で自由に生活することができます。
松村法務事務所では永住権取得のトータルサポートを行っております。
永住権の申請をご希望の方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら