フィリピン人女性の「私どうする。」は魔法の言葉

今まで数えきれない数のフィリピン人女性に会って来た結果、皆さんにある一つの共通点を見つけました。

それが、

私どうする。

です。

日本人からすると言葉自体は「で?」という感じなのですが、この一言の中にいろんな感情や要求が詰まっているのです。

この魔法の言葉によって何度大変な目にあったか・・・。そんなお話しを書きます。

————————————————————————————————–

この言葉が出て来るときのシチュエーションはだいたい困っている時です。

彼女たちが困っている + それを何とかしてほしいという願いがある場合に

私どうする。

と言うのです。

ここでのポイントは、どうする?どうすればいい?というニュアンスではありません。

どうする!です。それはもう自信たっぷりに。怒ってはいないのです。「私どうする。困ってますよお」

こういわれてしまうと、言われた方は何かアドバイスをしてしまうのです。

「どうするって・・・。例えば、その場合はこうするしかないんじゃない?」と。

すると「わかった!」と帰っていくのですが、後々何かトラブルになった際には「私は知らない!あの人がやれって言った!私は悪くない!」となったりあたかも指示したようになったりします・・・・。メダパニ状態。

私は何度「ヒンディコアラーム!!(私は知らなーい!)」を聞いたことか・・・

自分で思考・決断していないのでこうなるのですが、毎回やりきれない思いです。

そして、私どうする!が最大の効果を発揮するのが結婚を決めるとき。

私の事務所に交際相手と共に相談に来て、上記のように「私どうする!どうする!」と言われ続けた結果、こちらとしては一つの選択肢として「まあ、あとはご結婚されたりすればビザの申請はできますけどね・・・」といった直後、

 

私どうする!!!!!!

 

 

です。間髪入れずに交際相手に面と向かって。

交際相手は今日まさか結婚の話が出るなんて・・・・という方もいるわけです。

交際相手からしたら「え??私どうするって俺に言われても・・・・・・・結婚するってこと?・・今!?」

みたいな。混乱。

しかし、彼女たちは続けます。

「私フィリピンに帰っても仕事ないよ~困ったね~お父さんお母さんにお金送れないよ。家族助けないといけないのに私どうするぅ(´(・)`)クマッタ・・」

こうなってしまうともう引けない。

「じゃあ結婚する?」となるのです。

まさに魔法の言葉。彼女達はこういった展開を見越して交際相手を連れてきているようにも思うのです。

こうしたやり取りを何度も見てきて、たくましいなーという思いがある一方、こうして彼女たちが決断したわけではなく物事が進み「私はそんなこと言っていない」という事実が出来上がるのだなとしみじみ思うのです。

もちろん、私達の報酬の支払い時にも私どうする。です。

私困るねーお金ないねー私どうする。=俺が出すよと。

私どうする。の一言で日本を生き抜いている。

私はこういった状況を、彼女たちが自分で思考・決断してないからこうなると思っていましたが、今は彼女達はこうした展開をよく考えているのでは?と感じるようにもなりました。

兎にも角にも「私どうする。」と言われた方、その言葉の向こう側をよく考えてくださいね。

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら