入管の実態調査

ビザの申請はただ紙を出して終わりというイメージがあるかもしれませんが、通常の結婚ビザや就労ビザでも入管の実態調査を受けることがあります。

通常、私達入管業務を行う行政書士が介入している場合、提出資料にて十分な立証がされている場合が多いため、実態調査が行われる事は少ないのですが、お客様から伺う自身で申請された時の実態調査はびっくりするようなものもあります。

例えば、「配偶者ビザを申請したら、6年前に離婚した奥さんに入管から電話がかかってきて、当時の結婚の状況、離婚の時期や理由を細かく聞かれた。」というもの。

永住許可を得たら離婚する事は多いですし、離婚する時に最後のプレゼントとして永住権をあげるなんてことをいう方も多かったのですが、ここにきて過去の永住許可に関しても調査が入っているようで。

当たり前といえば当たり前なのですが、喧嘩別れした夫婦などはキツイですね・・・

入管は、電話をかけるというのをよくやっていますが、最近はさらに範囲が広がった様子。

また、家まで行って外から部屋の様子を確認する(洗濯物が2人分か、同居しているか否かを確認)、仕事先から尾行する・・・なんていうことも聞きます。

提出資料にて十分な立証がされている場合にはこのような事はないと考えますが、ご自身で申請された場合、どこからどこまでの資料を提出したらよいかのさじ加減がわからないと思いますし、ポイントのズレた書類を提出すればさらなる疑義を生む可能性もあります。

オーバーステイのケースでは家に入管の方が訪ねてきて家の中の写真を撮られたり、家の中を探られる等100%実態調査が入りますが、入管の実態調査はない方がいいですね。

 

 

 

 

 

ご相談・お問い合わせはこちらから

松村法務事務所松村麻里の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

まずはお気軽にご相談ください!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

各種ビザ・永住権・帰化申請のご相談・お問い合わせはこちら