Q.年間180日以上滞在しないと経営管理ビザは更新されないのでしょうか?

A.年間180日以上滞在していなくても、経営管理ビザの更新は可能です。


「経営管理ビザで1年間のうちにどのくらい日本に滞在しなければいけないのでしょうか?」

とよく聞かれます。180日以上日本にいなければ更新できないという噂があるのです。

しかし、経営管理ビザで何日以上日本に滞在しなければいけないというルールはありません。

日本だけではなく、各国で会社を経営している方も多いですし、海外出張もありますので、更新の為に滞在日数を気にする必要はありません。それよりも、日本で事業を行っている事が重要です。

実際に、年間数日しかいない方でも経営管理ビザは更新され続けています。

ですが、この滞在日数については、永住申請や帰化申請の際のポイントにはなりますので、噂はここからきているものと推測します。

日本に永住したいと永住許可を求める方が、日本に年間数日しかいない・・・ということになれば、いくら経営管理ビザに問題がないからといっても永住を与えることはできません。

永住許可や帰化を申請する場合には、基本的に1年間のうちの半分以上は日本に滞在している事実を重要視されます。(個別判断になりますので、全てのケースで半年以上いれば大丈夫なわけではありません。あくまでも目安です。)

 

 

松村法務事務所では帰化申請のトータルサポートを行っております。
帰化を検討されている方、帰化にお悩みの方、申請が不許可になってしまった方など、まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

松村法務事務所松村麻里の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

まずはお気軽にご相談ください!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

各種ビザ・永住権・帰化申請のご相談・お問い合わせはこちら