仕事に真剣になるということ

外国人の方と仕事をする際に必要なものの一つに「自信」があると思っています。

これはハッタリなどの類ではない、自分への信頼という意味。

日本人は肩書などの情報で人に対して一定の安心感を感じたりすることがありますが、特にストリートのような弱肉強食の世界を知る外国人の前ではそのようなものは何の意味もありません。

彼らが求めるのは「結果」一つであり、どれだけ優しくても、人当たりが良くても、地位や名声があっても「結果」が出せなければ終わり。そういう価値観です。

見た目や肩書などにはごまかされず、本当の相手を見抜く。一流の人と同じように思います。

なのでまずは自分が自分を100%信頼する。

真剣に仕事も向き合いたいので真剣にぶつかります。

痛いところを突かれたとき、人は時に攻撃的になります。

「そんなこと知らない!言う必要ない!関係ない!」と。

しかし、必要な情報なのでこちらも引けません。

「教えてもらわないとあなたを守れないでしょう!私に嘘をつかないで!」

と強く伝えることも多々あります。

お客様の中にはいろんな先生方に相談して私のところへ連絡をしてくる方が多くいます。

私が感じるのは前任の方はこの人と人とのぶつかり合いのようなことを避けていたのかどうなのか、お客様から言われた事のみで行動し、必要なことを把握できていないことが多い。その結果、取り返しがつかないこともあります。

よく勘違いをされますが、喧嘩をしているわけではありません。仕事に真剣に向き合っていれば当然のように思います。

神の手と呼ばれる名医の方で、手術中に患者さんへ向かって「動くなっていっただろう!」と怒号を上げる先生がいると聞きました。(本当は動いていないそう)

もし私に手術が必要な時には是非その先生にお願いしたい。真剣に向き合っているからこそだと思うのでとても信頼できます。

そうした向き合い方を続け、結果を出してきた自分への信頼が自信になる。

そう思っています。

 

 

 

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら