行政書士になったきっかけ2

そうしてこの世界に入り、偶然、そこの事務所の専門分野が外国人のビザ申請を専門にしている事務所だったのです。

しかし、そのころの私は、英語もしゃべれませんし、外国人のお客さんとろくにコミュニケーションも取れなかったので、ビザの専門家になろう!とは少しも思っていませんでした。というよりも、できないな・・・と感じていました。

そういえば、いろいろなカルチャーショックも体験しました。

初めて本当の一夫多妻制を目の当たりにし、「本当に複数奥さんがいるなんて・・・」と一人でショックを受けてみたり。

男が女を守るというか、女性は働かないのが当たり前という価値観の国の方もいました。

宗教の問題も目の当たりにしました。

日本は本当に平和というか、知らないからというか、イスラム教のお客さまに会いに行く際にメリークリスマス!と大きく書いてある紙袋を持って行く同僚を心配したり・・・

大切にしている方たちがいるのに何も知らない私が気軽にクロスのネックレスを選ぶのはやめようと思ったり。

在日韓国人の方たちと日本人との関係性を考えさせられたり。

自分自身を考え、日本人というアイデンティティを考え、育ってきた国や環境や価値観の違う方たちとのかかわり方を学びました。

その後、2008年度の行政書士試験に合格し、2009年に行政書士登録をしました。

つづく

 

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら