外国人犯罪と移民政策の賛否

外国人犯罪が起きると、移民政策の賛否につながってくるようですが、
私は日本人でも外国籍でも「悪い人は悪い、良い人は良い」と思ってます。
お国柄考え方の違いはありますが、それは当たり前だと思っています。

昨今の移民政策とはどのような内容の事をいっているのでしょうか。
現在日本は相当数の外国人を受け入れていると思います。
現在も正規の在留資格を得れば日本に滞在できるわけで、「移民、移民」というのは何をいっているのでしょうか。
「日本に住みたいといえば住めます」みたいなことは今後もそうはならないと思いますし、一定の基準は必ず残るはずです。

予測としては、日本人がやりたがらない仕事を請け負う「研修生」が実質単純労働の外国人として多く受け入れられるくらいでしょうか。
トレンド思考の強い日本はそこからスタートだと思います。
だこらそんなに心配しなくてもいいんじゃないかと思うのですが。

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら