行政書士よりも弁護士さんのほうがいいんですか?

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3.JPG

「弁護士さんのほうがいいんですか?というご質問について

入管業務をやってる弁護士さんは限りなく少ないのであまりないですが、
契約書の作成や相続手続きなどのご相談の際、結構言われる質問です。

これについて、私は「資格うんぬんではなく、その業務に精通しているかどうかで判断すべき」と思います。

契約書を作ってほしいと言われた場合、大切なのはその業界でどのようなトラブルが多いかであり、そのトラブルを未然に防ぐための契約書なわけですから、IT企業さんの場合、なんでもやりますという弁護士さんより、IT分野に特化した弁護士・行政書士のほうが良いでしょうし、
知的財産を大切にしたいと思っているのであれば、資格関係なくその分野に強い事務所に頼むのが一番です。

相続手続きも、その遺産の総額や種類によってベターな事務所が違います。
相続税が発生するかどうか。
する→税理士さんに頼む。しない→その他
裁判になるのかならないのか。
なりそう→弁護士さん。なりそうにない→その他
その他、何を大切にされるかによっても違います。

ちなみに、たまに入管分野についてのニュースがあり、コメンテーターの弁護士さんがコメントしてますが、結構的外れなこともあります。きっとテレビ的には内容より肩書きなんでしょうが。。。

このように、
資格というのはヒエラルキーになっているのではなく、分野・担当業務が違うものなのです。

松村麻里は、2008年に行政書士試験に合格し、その後数多くのビザ取得・更新のサポートをさせていただきました。

在留資格(ビザ)の申請をされるお客様の多くが、悩み・不安など様々なお気持ちを抱えています。
私はお客様に真摯に向き合い、お客様の身になって考え、専門家として最高のサポートをいたします。

在留資格(ビザ)の申請のことでお悩みの方は、一度お話を聴かせてください。

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら