Voice of client (Business visa)

Client voice on youtube.

Please come take a look!

https://youtu.be/g9U0tV6ZLSI


enter Japan. While life is gradually returning to normal, please find below the current situation and problems for foreigners entering Japan.

Current situation and problems regarding visa application for new foreign nationals who wish to enter Japan

From March 2022, Japan has loosened the regulations and allowing new foreign nationals to enter Japan. While life is gradually returning to normal, please find below the current situation and problems for foreigners entering Japan.

1、 New procedures when entering Japan.

Two procedures before the COVID-19 pandemic, ①Submitting the Certificate of Eligibility (CoE) documents in Japan. ②Applying through the Embassy of Japan in the applicants` home country.

Procedures from March 2022, ①Submitting the Certificate of Eligibility documents in Japan. ②Acquiring health certificate for new foreign nationals from ERFS (Entrants, Returnees Follow-up System). ③Visa will be issued by the Embassy of Japan in the applicants` home country.

Although acquiring an ERFS certificate is not that difficult, due to security problems, there are companies that are unable to download the necessary documents, or ambiguity in handling schedule changes, resulting in a not so smooth process.

2、 For foreigners who wish to enter Japan with business purposes but do not have the Certificate of Eligibility

From March 2022, even if the applicants do not have the Certificate of Eligibility, they are allowed to enter Japan with business purposes. However, it does not mean that if the reason for visiting Japan is for business, then the visa will be issued. The screening process is much stricter than before the COVID-19 pandemic, even if you apply, there may be possibilities that the application will be rejected.

For those who submitted the application without CoE and are rejected, there are cases that if the application is submitted again with the CoE, the application will be approved, it is likely that the Embassy will prioritize applications that includes the CoE.

Also, there may be occasions when the CoE cannot be posted due to delivery trouble. Therefore, for applicants/companies that wish to enter Japan early, please make sure to plan everything carefully before applying.


Regarding receiving Ukrainian refugees

Regarding receiving Ukrainian refugees

Due to the conflict between Russia and Ukraine, the number of Ukrainian citizens that fled the country has now reached over 6 million people, we would like to inform you that Japan also began receiving Ukrainian refugees.

1. Current situation regarding receiving Ukrainian refugees

According to the data gathered until 2022 May 22nd, Japan has received 1,040 Ukrainian refugees. Part of the data shows whether they have any guarantor, and most of them have someone they know who lives in Japan, so they decided to evacuate to Japan.

Japan will aim to receive more refugees from Ukraine and continue to make sure there are enough places to accommodate and support the refugees while they are in Japan.

The procedures regarding entering Japan

Currently, Embassy of Japan in Ukraine is closed. Therefore, for Ukrainian refugees who wish to evacuate to Japan, they must firstly go to the countries near Ukraine, such as Poland, Romania, Moldova, and Hungary, and then apply for visa from the Embassy of Japan in those countries. For refugees who wish to evacuate to Japan, a 90-day short term visa can be issued.

Usually when applying for visa to enter Japan, information about the guarantor while staying in Japan is compulsory, however, exception has been made for Ukrainian refugees.

2. For refugees who wish to stay more than 90 days after entering Japan

After entering Japan, for refugees who wish to stay longer than the 90 days period, visa can be switched to “Designated activity” visa, which grant the person to seek employment and can stay in Japan for one year.

Regarding the designated activity visa
・When applying, guarantor is needed.
・Apart from sex industry, there are no restrictions on the type of occupation and working hours.
・Currently, whether visa can be renewed after one year has not been decided yet.

Because whether visa can be renewed after one year is undecided, for those who have received the refugees (including companies who wish to hire the refugees), it is advised to switch to another visa as soon as possible.
 
We can help refugees with the above situations who wish to change to another visa.

Regarding evacuation, the first step is to evacuate to other countries nearby, however, for those refugees who wish to come to Japan, and considering the life while in Japan, the most important part is to secure employment.

For companies who wish to support the refugees, please refer to the above and we hope the information can be useful.


3月の業務月報

3月の月報

エルフス(ERFS)代理申請を大量処理

新規外国人の入国制限解除に伴い、新しい入国のシステムとして、入国前にERFS(エルフス)の申請を行う事が必要となっています。
これは、日本側の受入責任者(企業)が申請をするものであり、日本に受入責任者がいない場合には入国ができません。
また、受け入れ企業があったとしても、受け入れ企業様も通常業務で忙しい中ですので、新しいシステムの対応や手続きをする時間を割く事がないよう弊社で代理申請を行っております。

既に経営・管理4月のビザ(在留資格認定証明書)を取得されていたお客様で、日本に受入責任者がいない為にお困りであったケースも弊社がサポートさせていただきました。

このシステムがいつまで続くかは未定ですが、現時点では在留資格認定証明書→ERFS申請→大使館でのビザ手続きという3段階の手続きをする必要があります。

新しい提携事業者様とのお仕事を開始しました

業務提携先企業様が増え、新しい企業様との提携が始まりました。
自社の強みである外国人のビザ申請業務の知識、外国人雇用の知識等を活用し、両社共にビジネスが発展していくことを願っています。

ビザ申請業務

3月も多くの申請業務を行いました。
入国制限中は待ち時間のなかった入管が、ここにきて長時間ならばなければまず建物に入れない、申請まで1日かかるといった状況が続いています。
我々は予約が可能なため、混雑を避ける事が出来ておりますが、ご本人申請の方は混雑にご注意ください。

発信業務の強化準備をしております

現在、弊社の発信力を高める為、準備を行っています。
専属担当者のもと、着々と準備を進めておりますので、近々新たな取り組みが増える予定です。


We have started a homepage for Mari Matsumura Immigration Lawyer Office.

We have started a homepage for Mari Matsumura Immigration Lawyer Office.


安倍政権の外国人政策を分析する

昨日、自民党法務部会で改正入管法が了承されたようです。

今日は、前回記事に引き続き、安倍政権の外国人政策について書いていこう。

参考として、衆議院議員和田政宗さんのブログから下記引用します。

参議院議員和田政宗オフィシャルブログ 

ちなみにI am not 安倍を許さない人なので(かといって超支持!でもない)、是々非々タイプなので公平な目で見ているつもりです。

人手不足について

下記引用(引用部分には下線)

【人手不足は深刻化】

平成30年8月の有効求人倍率は1.63倍と、昭和49年1月以来、約45年ぶりの高い水準にある一方、完全失業率は2.4パーセントと約25年ぶりの低い水準となり、就職を希望する人が全て働ける「完全雇用」とも言える状況です。

全国各地で、特に地方の中小事業者で、人手不足が深刻化しており、このままではアベノミクスによる経済成長が減速することもが懸念されます。

日本では人手不足=悪のような印象操作されていますが、海外メディアは「日本では人手不足倒産と報道されているが、特に小売業については購入者が減っていくにもかかわらず店舗数が多すぎる。業界再編が起こるだけだろう。」と報道されています。

コンビニは多すぎだしファミレスも24時間である必要性が問われていますね。

このあたりのそもそものビジネスモデルを見直した方がいい。

また、消費税も上がりますから、人手不足だけで経済成長が減速する事もないような。

むしろ給料UPのチャンスなのに外国人労働者を入れたら給料上がらなくなりますね。

そのあたりはどうなんでしょうか。

日本人と同等の給料をーといっていますが、技能実習生だってそう言ってるはずなのに彼ら手取り7万とかでしょ。(もちろん全員ではない)

支給額だけ25万にして〇〇金5万〇〇費用3万等々いくらでも引けるから。

でも源泉徴収票も住民税課税証明書上も支給額25万で載りますから。

もー。性善説でやるからこうなるんですよ。

さらに、今後のAI等の発展による人余りの指摘については華麗にスルー。

さらに

これまで、女性活躍、一億総活躍を掲げ、これまで諸事情で働くことが難しかった方々が働ける環境整備を行い、働ける方々に働いていただくことで人手不足解消を狙いましたが、それでも足りませんでした。

え?

 

一定期間働いたら帰国していただくと明言

こんな事も。

そこで、外国人労働者の力を借りる。移民にならない、一時的な労働力として日本に来てもらい、外国人労働者の方々には、稼いで帰国していただくというのが今回の制度です。

これははっきり言いきりましたな。

そのおかげで上記は新在留資格だけではないのだと気づきましたよ。

私はかねてから留学ビザの闇について言及してきました。世間が騒いでいる技能実習より特定技能よりこのままでは一番危険なのが留学ビザだと。

就労系ついては前回記事の特定技能ビザでは最長5年でその後の更新はかなり厳しくする。なので実質的に5年しか働けない。ではこれでOK、次は本題の留学生。

現行制度では留学生は日本企業と雇用契約等を結べば通常の就労ビザに変更します。

というか日本で働く為にはその道しかない。

そして、滞在10年で永住申請できると。

留学生→就労ビザ→永住

ここにメスを入れたいのではないか。

これを改正入管法で

留学生→特定活動(単純労働可)最長5年→帰国

にしたいのか。

最長滞在期間が5年であれば永住の道はない。永住まで行くには現行制度同様専門的な業務に従事できる職場を見つけないと。

でも、あれ?帰化は?

 

帰化申請の抜け道か?

帰化申請の条件は「引き続き5年以上日本に居住していること」です。

なので、

連続5年を超えると国籍取得要件を満たすので、5年を超える前に一旦帰国いただき、再来日してもらう制度となっています。

と和田さんおっしゃっていますが、留学生の場合留学期間含めて5年、就労3年で帰化申請できますけど

いいんですか?

いいんですね?

留学から単純労働の特定活動にして3年後に帰化申請。

このルートが認められるなら今よりもっと帰化申請増えますね。

留学生なら帰化要件の日本語能力もクリアできるでしょう。(通常なら)

 

国民健康保険料問題は解決されていない

さらに今年は外国人の健康保険問題がかなりクローズアップされました。

国民健康保険も社会保険も。

すごいなーと思うのは、社会保険の外国在住家族の扶養認定が問題視され、それを知った方が一気に扶養認定申請したこと。

「問題になっているから止めよ」じゃなくて「私も!」と申請するんですもん。鋼のメンタルですよ。

国保は払っていなくても保険証はもらえるし、ビザも更新できるし。

そして永住申請前3年分だけ払うとか。

この問題が解決されていないのに単純労働でも許可したらどうなるんでしょうね・・・

入管の運用で社会保険に加入していない遵法性のない会社には許可を出さない!国保の支払い確認できないとビザ更新できない!くらいしないとカオスですね。

遅かれ早かれそうなるのでしょうが。

--------------------------------------------------

とにかく突っ込みどころ満載の外国人政策を進める安倍政権。

きっと現場の運用で調整するんでしょうが、軽減税率もそうだしなんだか最近違和感が募ります。