目次

帰化申請とは?

test

帰化申請のご相談・お問い合わせはこちらから

帰化申請が必要となるケース

外国人の方が日本人になりたいという場合には帰化申請が必要になります。

帰化申請 サポート・サービス料金

サポート内容料金(税別)
帰化申請100,000円〜

上記手続中、転職、離婚等の変更を含む場合、別途料金を提示させていただきます。

上記の費用の他、入国管理局で支払う印紙代がかかります。印紙代はこちら

お客様の声

松村法務事務所で帰化申請されたお客様の声をご紹介します。

帰化申請されたお客様の声をもっと見る

帰化申請に関するよくある質問

帰化申請に関するよくある質問をまとめました。

帰化申請をすると現在の国籍を捨てることになるのでしょうか?
日本は重国籍を認めておりませんので、原則として、帰化によってそれまでの国籍を離脱することが必要です。しかし、例外として,ブラジルやアルゼンチンなど本人の意思によってその国の国籍を離脱することができない場合もありますので、その場合には国籍を離脱しなくても帰化が認められることもあります。
帰化申請は自分で行うのと専門の行政書士に頼むのではどのような違いがあるのでしょうか?
帰化申請はとても手間のかかる申請ですので、一番の違いは申請までの時間の差だと考えます。条件整理から申請書類の作成、提出書類の収集や翻訳作業など自分ですべて行うと、相当な時間がかかるのではないでしょうか。
専門でやっている行政書士の場合、何度も手続きを行っていますので、申請準備で手間取ることはないので準備はスムーズかと思います。
また、ご自身で申請書類を作成された場合、内容に相違点があったり、誤解が生まれることも多くありますので、専門の行政書士が整合性のある書類を作り、問題なく審査がすすむといったメリットもあるでしょう。
帰化申請の際、帰化後の自分の名前を自ら決められると聞きました。名前はどんな名前でも認められるのでしょうか?
帰化後の名前については、常用漢字・人名用漢字・カタカナ・ひらがな等を使うのであれば、原則として自由に名前を決めることができます。現在の名前をそのままカタカナで使われる方もいますし、日本名にされる方もいます。
帰化申請の際には面接があると聞きましたが何を聞かれるのでしょうか?
主にはその方の経歴から現在の状況、また、母国のことなどを聞かれています。日本人と婚姻されている方の場合にはご夫婦のことも聞かれますし、配偶者の方と一緒に面接をされます。事実をそのままお話しいただければよろしいかと思います。
帰化申請に関するよくある質問をもっと見る

帰化申請に関する最新記事

帰化申請に関する記事をもっと見る

Naturalization applicationConsultation and inquiries related to from here

First, do not hesitate to
Please consult

Mari Matsumura of
Profile is here

To top of this page

Please feel free to contact us first!

松村法務事務所 松村真里

Immigration Lawyer Mari Matsumura

For consultation · inquiries about various visa · permanent residence · application for naturalization · here