配偶者ビザ申請されたお客様の声 Voice

就労ビザから配偶者ビザへの変更をお願いしました[国籍:イギリス]

夫の配偶者ビザのお手伝いをお願いしました。夫はもともと日本企業で働いており、就労ビザを持っていたのですが、就労ビザよりも配偶者ビザの方が自由度が高いこと、永住申請も早くできることから配偶者ビザへ変更することに決め、以前からお願いしていた松村先生に依頼しました。

婚姻手続きは滞りなく進み、配偶者ビザの申請もすべて先生にお任せしていたので私たちは自分達しか用意することができない書類のみ準備し、結果を待ちました。その後、1か月待たずに配偶者ビザをいただくことができてよかったです。次は永住権の申請に向けて準備したいと思います。よろしくお願いいたします。

妊娠しているのに配偶者ビザが取得できない苦難を乗り越えました![国籍:スリランカ]

夫の配偶者ビザの申請を依頼しました。私の夫は留学生として日本に滞在していましたが、就職先が見つからず、スリランカへ帰国することになりました。しかし、帰国する前に私の妊娠が発覚しました。私たちは、今後どうするかを話し合い、日本で結婚して暮らすことを決めました。配偶者ビザの申請も自分達で行ったのですが、ビザをもらうことはできませんでした。

入国管理局からは、「二人でスリランカへ行って暮らせばいいのではないですか?」と言われてしまいました。妊娠しているのに彼の配偶者ビザがもらえないなんて想像もしていなかったので現状を受け止めることもできませんでしたし、慣れない手続きで疲れてしまいました。そのため、自分達ではどうしようもできなかったので、結婚ビザに詳しい行政書士の松村先生を探し、お願いすることにしました。

体調も心配だったので、松村先生方に代わりに動いていただいたこともありがたかったですし、配偶者ビザの申請をしてからも書類の手配などスムーズに行っていただきました。入国管理局は私たちの今後の生活について疑問をもっていたようですが、松村先生から説明していただき、無事に夫は配偶者ビザをもらうことができました。自分達だけでは無理だったと思います。本当にありがとうございました。

パキスタン人の夫の配偶者ビザがもらえました![国籍:パキスタン]

夫の配偶者ビザの申請をお願いしました。私の夫は以前別の外国人と結婚していましたが、離婚したようでした。その前の配偶者ビザがもう終わってしまうということで、私は何とかしたいと松村先生にお願いしました。私たちは、もう1年ほど交際しており、一緒に暮らし始めてからも半年以上経ち、夫の家族にも会いにパキスタンへも行きました。

ですが、夫に定職がなかったことやそのほかの問題もあり、ビザの申請は簡単ではありませんでした。しかし、松村先生に頑張っていただき、夫は配偶者ビザをもらうことができました!ありがとうございました!

タイ人の妻の配偶者ビザの申請をお願いしました[国籍:タイ]

妻の配偶者ビザの申請をお願いしました。私は妻とタイで出会い、日本に帰国してからも何度もタイへ渡航し、交際しておりました。妻も日本に行きたいという希望があったため、私は自分で入国管理局へ配偶者ビザの申請をしましたが、ビザをもらうことはできませんでした。

個人事業である私の仕事の事が関係していたようですが、どのように説明したらよいかわからず、専門の方に相談しようとお願いしました。松村先生からは、婚姻の信ぴょう性のみではなく、二人で生活できるのかというポイントもあるということを教えていただき、私の仕事に関しての説明や生活能力の立証を行っていただきました。

ビザの審査にはとても時間がかかりましたが、4か月後、配偶者ビザをいただくことができました。初めは書類だけで簡単な手続きなのかと思っていましたが、そのような簡単なことではないのだと実感しました。本当にありがとうございました。

国際結婚もビザの申請もお願いできて心強かった![国籍:ロシア]

夫の配偶者ビザの申請をお願いしました。私は夫と交際を続けていましたがある日突然「ロシアに帰らなければいけなくなった」と告げられました。また「もう日本には戻ってこられないかもしれない」とも。私は大変ショックでしたが、その後、夫は以前別の外国人の方と婚姻していたのですが、私と出会ったころに離婚したようで、その配偶者ビザの期限が切れてしまうということを知りました。

私は毎日のように会っていた夫がいなくなることなど考えられず、日本にいられるようにいろんな方に相談しました。松村先生のことは、夫の友人がビザの手続きをしてもらっている関係で紹介していただきました。私たちは難しい手続きなど行ったことがなく、まず何から手を付けてよいかもわからなかったのですが、松村先生から一つずつ必要なことをクリアしていきましょうと言っていただき、二人で準備を行いました。日本で結婚することはもちろんですが、ロシアでも結婚の届をしなければならない等やることはたくさんありました。

ロシア大使館もですが、今まで他の国の大使館へも行ったこともなくすごく緊張しました。心配だったことから、松村先生へは何度も電話をしてしまいましたが、その都度対応していただきとても安心しました。配偶者ビザの申請の際も、入国管理局からはたくさん質問が来たようですが、全て松村先生がやり取りをしてくれたため、心強かったです。結果、夫は無事、配偶者ビザをもらうことができました。何もわからないところからすべて手伝っていただき本当にありがとうございました。

インドネシア人の夫の配偶者ビザ申請を依頼[国籍:インドネシア]

夫の配偶者ビザの申請のお願いをしました。夫は留学ビザで日本に滞在しており、私はインドネシア語を話すことができたので、夫とはすぐに打ち解けました。その後、日本語学校に留学していた夫が卒業する時期になったとき、ビザのことが心配になりました。夫は就職先を見つけたようで、就労ビザを申請しようとしていました。私も一緒に手伝い、申請をしました。しかし、様々な問題があり、その申請は許可されませんでした。私と夫は少しパニックになり、どうすればよいのかと考え、プロの方にお願いすることにしました。

松村先生方に相談し、元々結婚することも視野には入れていたので、私たちは配偶者ビザの申請をすることにしました。2年ほどの間に、私達はいろんな場所へ出かけていたので、その写真をできるだけ提出したり、今までの経緯も説明していただきました。入国管理局へも私達の代理でビザの申請をしていただいたので、直接いろいろ聞かれることもなく、結果を待つことができました。一度失敗しているのでとても不安でしたが、1か月半後、夫は配偶者ビザをもらうことができました。自分達で頑張ってビザの申請することもできましたが、専門の方にサポートしていただくことで大きな安心感を得ることができましたのでとても満足しています。

フィリピン人妻との国際結婚と配偶者ビザを依頼[国籍:フィリピン]

妻の配偶者ビザの申請をお願いしました。私の妻は、一年前に前夫と結婚し、日本に来ました。しかし、前夫との関係が悪くなってしまったようで、家を飛び出し、友人の家に居候していたようです。偶然、その居候先の友人と私は面識があり、私たちは一緒に過ごすようになりました。共に時間を過ごすうちに、私は妻と結婚したいと思い始めましたが、フィリピンには離婚制度がなく、再婚できないと知りました。

しかし、なんとかできないものかといろいろ調べ、市役所にも相談に行きました。市役所としては、大使館から「Certificate of Legal Capacity to Contract Marriageという婚姻具備証明書がないと受理しない」といわれてしまい、フィリピン大使館へも行きましたが「独身でなければその婚姻具備証明書は発行しない」といわれてしまいました。私ではもうどうしようもできなかったのですが、妻が友人の紹介で国際結婚や結婚ビザに詳しい行政書士の松村先生を紹介してくれました。

松村先生からは、婚姻具備証明書がなくても日本で婚姻する方法を教えていただき、私は本当にそんなことができるのか半信半疑でしたが、無事に婚姻手続きを終えることができました。配偶者ビザの申請についても、やはり前回の結婚についてかなり詳細に聞かれましたが、松村先生のおかげで入国管理局も納得してくれたようです。国際結婚の手続きから配偶者ビザの申請まで全ての手続きが終わるまで長く感じましたが、無事に配偶者ビザをいただくことができてよかったと思います。

配偶者ビザを取れて夫と日本で暮らせます![国籍:ベトナム]

夫の配偶者ビザの申請をお願いしました。私たちは、夫が観光ビザで日本に来た時に出会いました。友達に「ご飯食べに行こう」と誘われて食事に行くことになり、そこに、別の友人と一緒に来た夫がいました。それから私たちは毎日「今どこにいるの?」「ご飯たべた?」「今なにしてるの?」などと毎日メールを送りました。それからも、ふたりで私の家に来て話しをしたり、私の子供と遊んでくれたり、家族みんなで一緒にピザを食べたり楽しい時間を過ごしました。しかし、そうしているうちに、私は、彼が日本に滞在できる時間が少ないことを知りました。

ずっと一緒にいられると思っていた私はとてもショックで、「もうすぐベトナムへ帰っちゃうね・・・」と話をするたび、離れたくないという気持ちが強くなっていきました。お互いに離れたくない気持ちが強く、私たちは、夫の在留資格の期限前に東京の入国管理局へ観光ビザから配偶者ビザへの変更申請を行いました。しかし、結果は不許可でした。

私はこのままでは永遠に夫に会えなくなるのではないかと思い、国際結婚や結婚ビザに詳しい行政書士の先生を探し、松村先生を見つけました。松村先生からは、このまま日本にいてビザの申請をしても可能性がないといわれ、一度国に帰るようにとのことでした。私はもう戻って来られないような気がして耐えられませんでしたが、必ず戻ってこられると信じて松村先生にお任せしました。

松村先生は、「なるべく早く日本に来られるようにする」と頑張ってくれたようで、夫が帰国して2か月でビザをもらうことができました。私はただパニックになっていて、いろいろなことが冷静に判断できなかったのかもしれません。そのようなときに支えていただき本当に感謝しております。夫ももう日本に戻れないと思っていたようですが、配偶者ビザをもらってとても喜んでいます!

SNSを通じて知り合った外国人の夫のビザを取得[国籍:ベトナム]

夫の配偶者ビザの申請をお願いしました。私たちは、SNSを通じて知り合いました。始めはお互いたくさんの友人がおり、その中の一人という感じでしたが、私が仕事から疲れて帰ってきた後にチャットをすると、彼は優しい言葉を返してくれる日が続き、私たちはどんどん仲良くなりました。その後、初めて会いましたが、彼は日本語も上手で、私たちはすぐに仲良くなりました。それからお互いが休みの日には出かけるようになり、私の家にも遊びに来るようになりました。

私には連れ子がおりましたが、彼は、私の子供達ともすぐに打ち解け、一緒にゲームをするなど仲良く遊んでいました。私は子供たちに「お母さんの友達だよ」と紹介しましたが、子供達は彼の事を「ママのボーイフレンドだ」と思っており、そんな状況から、彼は「もう僕はあなたのボーイフレンドでいいじゃない?」といわれ、私たちは恋人同士となりました。そんな毎日が続き、4月ごろから私たちは半同棲の日々を送りました。

私たちはこのままの生活を望んでいたため、彼の配偶者ビザの申請を行いました。しかし、入国管理局から、SNSで知り合った経緯などに疑問を持たれ、不許可となってしまいました。私は彼と離れることは考えられませんでしたので、何とかしたいと行政書士の松村先生に相談しました。松村先生からは、配偶者ビザの審査で足りなかったポイントを教えていただき、私たちはそれを改善するよう努力しました。

ビザの再申請では、仕事の事や給料の事、二人の関係などもたくさん説明していただきました。配偶者ビザが取れるまでとても不安でしたが、1か月後、彼は配偶者ビザをもらうことができました!今でも少しケンカをすることもありますが、これからも仲良くみんなで暮らしていきたいと思います!

妻の配偶者ビザの申請について的確なアドバイス![国籍:カナダ]

妻の配偶者ビザの依頼をさせていただきました。妻は、元々小学校の先生として日本に滞在しており、私たちは日本で出会いました。

妻はとても仕事熱心で、私も仕事柄日中に手続きができず、結婚手続きもなかなか進まなかったのですが、松村先生にサポートしていただき、無事に婚姻手続きとビザの申請をすることができ、配偶者ビザもいただきました。

配偶者ビザの手続きもたくさんの資料が必要となりましたが、アドバイスをいただきながら一つずつ進めることができ、大変感謝しております。
1 / 212

配偶者ビザ申請に関するご相談・お問い合わせはこちらから

まずはお気軽に
ご相談ください

松村麻里の
プロフィールはこちら

このページの上部へ

まずはお気軽にご相談ください!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

各種ビザ・永住権・帰化申請のご相談・お問い合わせはこちら