ブローカー志望急増中。ノンストップMY憂い。

問い合わせメールを閉じようか悩んでいます。

それもこれも、最近いわゆるブローカーの方からの問い合わせメールが急増しているから。(ここでいうブローカーとは業態としてのブローカーではなく、違法行為をあっせん・幇助するもの。)

しかし、一方で本当にサポ―トしてほしいというご依頼者もいらっしゃる為迷いがあります。

 

ブローカー紹介してください!?違法を違法と理解していない人達

皆さんは下記のような事を言われたらどう感じるでしょうか。

・外国人の派遣やりたいのでブローカー紹介してください!(派遣業許可なし)

・清掃会社で就労ビザを取るいい方法を教えてください。

・弊社(就労先じゃない)が書類を作成するので先生に申請をしてほしい

・採用理由書だけ毎月20枚作ってほしい。あと、入管からの質問に答えて欲しい。

こうした問い合わせが急増中です。

私のブログを少しでも読んでもらえれば私がどういうスタンスなのか分かると思うんですが、読んでいただけていないようです。(問い合わせページの最初と最後の記載事項も、読んでいただけてないようです)

これらは税理士さんに「脱税のやり方教えてください!」と言ってるようなものなんですよ。

名前と電話番号記載して、時には会社名まで記載して…

きっと、事件になってるニュースをあまり目にしないことも原因かもしれません。

そもそもの危機感のレベルが違うのかも。

外部から見れば「外国人が増えるらしい。これからビジネスチャンスだ!」となるのでしょうが、現場最前線の我々からしたら懐疑的であり守備の徹底しかない。

ここは日本でも日本じゃないんです。

いくら自分が気をつけていても、いつ足元すくわれるかわからないんですから。

ですが、上記のような問い合わせをしてくる方の中には本当に健全な気持ちの方もいて。

国際貢献してるぜ!的な。

そしてそれが違法行為になり得るという事に言及すると

「どうしてですか。何でですか。おかしくないですか」となる事が多く…ね。(韻を踏んだ)

 

働いてるだけで悪い事してないよ

これは不法滞在外国人が何人も働いている工場摘発のドキュメンタリー。

雇用主は「彼らは今日たまたま見に来ただけで働いてない」とテンプレ回答。

しかし、この後すぐに働いていたことがバレる。

結局、ブローカーから紹介されたからビザとか知らん。とのこと。

そして、こうした件については最後は全て認めた上で「彼らは働いてただけ。何も悪いことしてないよ」という主張をしてくることも。

悪い事の定義が人によって違うのですね。

また、正規ビザを持ってる人でも

「コンビニスタッフで働きたいから就労ビザが欲しい。」

これの何がいけないんだという主張も。

そうですよね。そう思いますよね。

しかし、今の日本の「就労ビザ」のルールではそういうのダメなんです。(来年から少し変わるかも→産経ニュース

「コンビニの社長もいい人で、外国人も留学生時代からアルバイト頑張ってて、何とか就労ビザにできませんか。」

気持ちは分かりますが、ルールは守ったほうがいいと思いますよ(いいとかいうレベルではないですが)

ちなみに、こういう時の多くは友達などの日本人が熱心に聞いてくる。

当たり前に何事にもルールがあります。

日本だけでなく、アメリカでも、中国でも、その外国籍の出身国でもルールがあります。

そのルールをしっかり守っている外国籍の方もいれば、

「本国に仕事ない、借金いっぱい」→「まあ、なんてかわいそう!日本で働けるようにしないとね!」(←ココ問題)→普通に申請したら就労ビザとれない→〇〇行為

これらは不法就労助長罪や在留資格等不正取得罪等となる可能性があります。

これは外国人の問題というよりそれを取り巻く日本人の問題。

こういう方の論調は「かわいそう」ならなんでもあり。かわいそうな人は全員法の特例らしいです。

認めない方がおかしいと。ただ働いてるだけなのに!と。

ルールの話に感情で返されると会話は成立しません。

まだ外国籍方やその周りの方がいうならまだしも、法律に関わる先生方が同じような事を言う事も。

「かわいそう」の呪いにかかると遵法性が行方不明になるらしい。

 

ブローカー やらない方が 身の為よ

公表されてない外国人がらみの事件は山ほどあります。

・入管でいつも挨拶していた先生が翌日逮捕されてる

・上記のようなブローカーが一斉逮捕。関わった先生方も警察から聴取を受ける。

こうしたことは日常茶飯事。

なのに、TVでは有名なジャーナリストが適当な事をいう

もはやギャグのようなコメント。

犯罪の定義の問題もありますが、「不法」滞在の時点で犯罪だし、それで働いてる時点で不法就労です。

住所がないから住民税も払ってないし。

これも「彼らは不法滞在だけど働いてるだけだから!」という事なのでしょうか。

この業界の闇は深く、ネット上にかけない事も多々あります。

なんのデータかもわからないですが、都合のいい「データが」とか言われてもね。

日本、大丈夫?

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら