安倍総理がまた新たに外国人制度の見直しを発表しました。

安倍総理がまた新たに外国人制度の見直しを発表しました。

まだ詳細は決まっていませんが、どうやら「介護」「農業」「建設」「運輸」業界について外国人材を受け入れるような制度にするとのこと。

技能実習生枠の拡大のような感じですね。

業種を見たらどんな人材が欲しいか察します。

移民政策はとりません!

しかし、移民政策はとりませんので、滞在期間の上限を決めるとのこと。

きっと最長5年ですね。

5年たったら強制帰国。技能実習生と同じことになると予想します。

当たり前ですが、本当に雇う側目線ですよね・・・・経済界からの要望では仕方ない。

技能実習生を受け入れるには人数制限がありますし、業種の問題もありますので、別枠を作るという事でしょうか。

しかし、簡単にビザが取れたり、これで外国人が増えるぞ!とはならないのが日本なのです。

みなさんお忘れではないでしょう。

過去このようなニュースからの制度制定からの運用がどうなっていったのか・・・

経営管理4ヵ月

この制度ができた時、メディアでもかなり取り上げられ、法人設立なしで事業計画だけで経営管理ビザがもらえる!外国人起業家を日本に!と舞い上がっていましたけれども。

実際の運用は法人設立を求めるものに。現行制度と変わらない為申請する事はなくなりました。

幻の経営管理4月。

私のお客様でスムーズに4月もらったのは大企業の子会社を日本で設立するもののみでした。

現場の運用は厳しいものです。

介護ビザ

これも問い合わせがすごかったのですが、ふたを開けてみると「介護福祉士の資格が必要」となりました。

資格が要件となったことでこのビザを選択することは難しくなりました。

技能実習生とEPAで行くしかないのでは・・・実習生は日本語などの要件により苦戦しているようですけれど。

外国人メイド

こちらも一部の大手しか手を出せていませんし、日本人には抵抗があると思います。

私もお掃除サービス経験者ですが、ベトナム人の担当さんにびっくりさせられました。

もう頼むことはないでしょう。

 

外国人創業活動促進事業by東京都

東京都が国家戦略特区において外国人起業をサポートする制度を始めました。

ですが、これもなんだかなと。

実績見たら英会話スクール一件。

制度はあっても活用はされないのが日本の特徴です。

どんなニーズを見越して作ったんだろう・・・

高度な技術、専門性・・・この間もアニメ等クールジャパンについて同じことをおっしゃっていましたが、何もお変わりありません。

実際多くの日本の企業が欲してるのはそういう人材ではないでしょう。

上記業種の、しかも運輸業の高度な技術とはなんぞやと。

ビジネスマンの皆さん、メディアの情報を鵜呑みにしないようにお願いしたい。

 

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら