誰かのせいにするばかりではダメ

ファイル 2016-02-18 11 31 26

外国人の方と接していると、何か思い通りにいかないことがあると

「あの人がこういった、私は知らない」

という誰かのせいにするということが多くあります。

仕事上においても、お客様が自分の不利益な情報を私には隠していて、後にそれが発覚し、入管から取り調べを受けた際に

「私は何も知らない、先生がやった」

と言われることも少なくありません。

入国管理局もバカではないので、私の話も聞いたうえでそれが事実なのか判断してくれるわけですが、
実際にこういうことがあるとショックですね。

何かのせいにしたい気持ちはわかりますが、それぞれの立場でそれぞれ一生懸命頑張っているのでわかってもらいたいなという気持ちがあります。

「私が正しい、あの人が間違ってる」

というものも似たようなもので、どれが正しいかどうかも立場よって変わるもので、人を追い詰めると自分が苦しくなるように思います。

世の中はいろんな立場や状況が複雑に入り組んだ理不尽なものである

これが当たり前だと思えれば上手に受け止められるのでしょうか。

 

           

ご依頼はこちらから

   松村法務事務所松村先生の
ブログトップ

コメントは停止中です。

カテゴリー

このページの上部へ

   

お力になります!

松村法務事務所 松村真里

行政書士 松村麻里

     

就労ビザ・結婚ビザ・永住権のご依頼はこちら